ウオッカ引退!ドバイWCでラストラン

2009年12月09日

正式発表が出されましたね。
これだけの名牝。。。無理させず引退させて欲しかったのが本音。
無事に走りきって欲しいものです。
しかし、出走が決まった以上は気合入れて応援したいと思います。

ウオッカ引退…来年3月ドバイWCでラストラン

ジャパンCで7度目のG1制覇を飾り、今後の動向が注目されていたウオッカ(牝5=角居)は来春までの現役続行が決定。3月27日のドバイWC(メイダン競馬場、オールウエザー2000メートル)を最後に引退、繁殖入りすることが8日、角居師から発表された。

 今後について「出国のスケジュールは決まっていないが、ドバイWCがラストランになる予定。その前にもう1走を挟むかどうか、鞍上もまだ決まっていない」とした。ジャパンCを制した直後に鼻出血が判明し、1カ月の出走停止処分を受けていたが、その後の経過については「順調に来ている」と報告。近日中にもいったん放牧に出して来年に備えていく。ドバイ遠征はこれが3回目。過去2回の遠征ではドバイデューティフリー(芝1777メートル)で4、7着。3度目のチャレンジが現役生活の集大成となる。

posted by たかくん at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロジユニヴァース有馬記念回避

2009年12月08日

ウオッカ、オウケンブルースリに続いて

ロジユニヴァースまでもが、有馬記念回避。。。

有馬記念のメンバーがどんどん手薄になっていく。

残念で仕方ないです。

以下記事引用
(スポーツ報知)

ロジユニヴァース、有馬記念も回避

ダービー馬ロジユニヴァース(牡3歳、美浦・萩原厩舎)が、有馬記念(12月27日、中山)を回避することになった。7日、久米田正明オーナーが明らかにした。

 同馬は11月29日のジャパンCを目標に調整されていたが、同25日の追い切り後、左後肢に筋肉痛を発症。同レースの出走を取りやめ、同27日に宮城県の山元トレセンに放牧に出されていた。

 久米田オーナーは「山元トレセンでは順調に乗ってはいますが、今から有馬記念を目指すとなると、期間が短い。もともと、この秋の最大目標はジャパンCだったし、無理せず来年に備えたいと思います」とコメントした。

 次走は未定だが、「いいレースがあれば前半から行きたい」と話しており、長期間の休養にはならない見込みだ。

posted by たかくん at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルメール騎乗停止でさよなら?

2009年12月07日

そういえば、ルメールJやってくれましたね。
2日連続での降着劇。
27日からは、再び騎乗できるみたいですけど、別にそのまま帰ってもらっても別に構わないと思います。
さすがに2日連続はいただけないですね。世界の名手ですから・・・
(少し頭を冷やしなさいって感じです。)

(以下記事引用)
このまま帰国も…ルメール騎手が騎乗停止

6日の阪神4Rでセイルラージに騎乗したクリストフ・ルメール騎手(30)=フランス=は、直線で急に外に斜行してサンライズモールの進路を妨害したため、3位入線から11着に降着。13日から26日まで開催日4日間の騎乗停止となった。前日5日の阪神3Rでも降着となり開催日1日(12日)の騎乗停止処分を科されており、2日連続の降着で、騎乗停止期間は12日から26日まで計5日間。13日に香港・シャティンで行われる国際競走も騎乗できなくなった。有馬記念のある27日から騎乗できるが、今回の短期免許期間が30日までで、このまま帰国する可能性もありそうだ。 (サンスポ)

posted by たかくん at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横山典弘WSJS優勝おめでとう

最近、横典J活躍目立ちますね。
おめでとう。
今後の活躍にも期待します。

横山典2度目の美酒…WSJS

第23回ワールド・スーパー・ジョッキーズ・シリーズ(WSJS)は6日、阪神競馬場で2日目の2レースが行われた。47ポイントを獲得したJRAの横山典弘(41)が第3回の95年以来14年ぶり2回目の優勝を飾り、賞金300万円を手にした。2位は香港のホワイト、3位にはイギリスのムーアが入った。

 今年のダービージョッキー横山典が4戦を〈2〉〈4〉〈1〉〈13〉着とまとめ、14年ぶり2度目の栄冠を手にした。「久しぶりに1位は最高です」。表彰式ではパドックを走り回り、喜びを爆発させた。

 狙い通りの騎乗だった。「10レースがポイントになると思っていた」と語った通り、「A評価」のタガノプルミエールで中団から末脚を伸ばして、きっちりと勝ち星を手に入れた。

 今年は大きな1年だった。ロジユニヴァースで、デビュー24年目、15回目の挑戦でついにダービージョッキーとなった。7月にはJRA通算2000勝を達成。秋シーズンもカンパニーで天皇賞、マイルCSを勝ち、その勢いをシリーズに持ち込んだ。

 今年もあと3週。「G1が続くし、有馬記念まで、よろしくお願いします」と締めくくった横山典。重賞11勝、G1・3勝と勢いに乗る41歳は、メモリアルイヤーの09年を最後まで全速で駆け抜ける。
(スポーツ報知より)


posted by たかくん at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドマイヤと武豊のコンビ復活

2009年12月03日

週末に阪神競馬場で行われるワールドスーパージョッキーズシリーズにおける各参加騎手の騎乗馬が、決定。

いろいろとあったアドマイヤと武豊J。
形はどうあれ、またアノ勝負服を着る豊Jを見れる機会が訪れるとは。。。感慨深いですね。


【12月5日(土)】
2009ゴールデンサドルT(10R、3歳上1000万下・芝1400m)
アドマイヤダーリン(R.ムーア)
ヴェリタス(C.ウィリアムズ)
エリモサリュート(I.メンディザバル)
エーシンビーエル(G.ゴメス)
オセアニアボス(C.ボレル)
ケイエスバウアー(岩田康誠)
ケンブリッジエル(横山典弘)
ティムガッド(藤田伸二)
ニホンピロキリバス(武豊)
ホシシャトル(C.ルメール)
マイネルクラッチ(M.キネーン)
マルサンテクニカル(秋山真一郎)
メイショウコウセイ(的場文男)
リバーアゲイン(内田博幸)
ロックオブサリサ(D.ホワイト)

2009ゴールデンスパーT(12R、3歳上1600万下・ダート1800m)
アドマイヤミリオン(武豊)
アルバレスト(岩田康誠)
エターナルスマイル(横山典弘)
オメガファルコン(秋山真一郎)
サンワードラン(C.ボレル)
ショウサンウルル(I.メンディザバル)
ソラメンテウナベス(C.ルメール)
ダイシンオレンジ(D.ホワイト)
タガノエスペランサ(M.キネーン)
タートルベイ(G.ゴメス)
チャームナデシコ(R.ムーア)
ニシノドーン(内田博幸)
フルブラッサム(C.ウィリアムズ)
ミダースタッチ(藤田伸二)
メイショウゲンスイ(的場文男)


【12月6日(日)】
2009ゴールデンブーツT(10R、3歳上1000万下・芝2000m)
ウォークラウン(G.ゴメス)
オカゲサマデ(C.ウィリアムズ)
キクノプログレッソ(秋山真一郎)
キングストリート(R.ムーア)
グッドバニヤン(I.メンディザバル)
スカイリュウホー(岩田康誠)
ステイトリーデイズ(C.ボレル)
セイカジーベック(藤田伸二)
ソラヲカケル(C.ルメール)
タガノバッチグー(的場文男)
タガノプルミエール(横山典弘)
テイエムヒリュウ(D.ホワイト)
テンシノマズル(内田博幸)
ドリームライナー(武豊)
マヤノゴクウ(M.キネーン)


2009ゴールデンホイップT(12R、3歳上1600万下・芝1600m)アドマイヤヘッド(藤田伸二)
アペリティフ(秋山真一郎)
アメジストリング(C.ウィリアムズ)
サワヤカラスカル(武豊)
スピリタス(C.ルメール)
セイウンワキタツ(G.ゴメス)
ダイレクトキャッチ(岩田康誠)
ダンツホウテイ(内田博幸)
ナンヨーアイドル(M.キネーン)
ファイアーフロート(D.ホワイト)
ブリッツェン(C.ボレル)
マッチメイト(横山典弘)
マルティンスターク(的場文男)
メトロノース(R.ムーア)
ヤマニンイグナイト(I.メンディザバル)


posted by たかくん at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JRA若手騎手がスニーカー窃盗

2009年12月02日

まったくもって、情けないというか何と言うか。。。
秋のG1で盛り上がってる最中、こういう冷えたニュースは見たくないですね。

(以下記事引用)
JRA(日本中央競馬会)騎手の佐藤聖也(24=美浦・フリー)は1日、同じ寮に住む騎手のスニーカーを盗んだとして、茨城県警稲敷署に窃盗容疑で逮捕された。

 稲敷署によると、佐藤容疑者は稲敷郡美浦村の美浦トレセン騎手寮1階倉庫で同僚騎手(27)が数年前に購入したスニーカー1足(時価8000円)を窃取。今年6月から長期出張に出ていた同僚騎手が9月に美浦に戻った際、スニーカーが紛失しており、10月7日に被害届を提出し、その後、龍ケ崎市内のリサイクルショップで同僚騎手のイニシャルが記されているスニーカーを発見。店に持ち込んだ人物が佐藤容疑者と確認された。

 佐藤容疑者は「スニーカーがゴミ箱の近くに置いてあり、捨てられたものと思い、売却しようと思った」などと供述しているという。2日にも身柄を水戸地検土浦支部に引き渡し、余罪などを追及していく。

 佐藤容疑者は05年、美浦・根本康広厩舎所属で騎手デビュー。通算成績は908戦18勝。今年は64戦して勝ち星がなく、3着1回。1日付でフリーになったばかりだった。これを受け、JRAでは裁定委員会の議定があるまで同容疑者の騎乗を停止した。今後の推移を見守りながら、騎手免許の取り消しなど、厳正に対処するという。
(スポーツニッポン)
タグ:窃盗 騎手


posted by たかくん at 09:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JCD出走予定外国馬

2009年12月01日

米国G1・3勝馬サマーバードの骨折回避は、残念なニュースですが、
残る、もう1頭はどうなんでしょうか?
情報も少なく、直前追切もキャンター程度で済まされると判断もつけようが無い。
まったくもって外国馬の取捨には悩まされます。。。
(今回1頭だけなのが唯一の救いです。)

外国馬情報 JRAニュースから引用(参考)

ティズウェイ(牡・4歳)

調教状況(フリオ サラス(Julio Salas)調教助手 騎乗)
【調教時間】 7:47〜8:04
【調教内容】 ダートコースを使用
常歩(右回り)約300m ⇒ 速歩(右回り)約1,500m ⇒ 軽いキャンター(右回り)約1,500m
調教後、装鞍所をスクーリング(約3分)


エヴェラルド カンブレイ(Everardo Cambray)厩務員の話
「昨日の輸送の疲れもそれほどなく、状態は良いです。落ち着いた馬なので、新しい環境にもすぐ慣れています。阪神競馬場のダートは、競馬学校よりも少し深い気がしますが、この馬には特に問題ありません。明日は800mほど追い切る予定です。」

posted by たかくん at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロジユニヴァース、JC回避濃厚

2009年11月26日

残念なニュースが入ってきました。ロジユニバースJC回避濃厚です。

(以下記事引用)
今年のダービー馬ロジユニヴァース(美・萩原、牡3)がジャパンCを回避することが25日、濃厚となった。萩原清調教師は「オーナーと協議した結果、回避の方向で考えています。不安のある状態でレースを使うことはできません」と理由を説明した。

 ロジはこの日午前、調教助手が騎乗して、美浦坂路4ハロン52秒4、終い12秒2を馬なりでマーク。追い切りでは特に問題はなさそうだった。その後、獣医が厩舎に訪れる姿が目撃されており、何らかのアクシデントがあった模様だ。

 毎週のようにトレセンに陣中見舞いに訪問し、この日の追い切りも見学に来ていた久米田正明オーナーは、「前脚が外向していることから、脚元全体にかかる負担が大きい。その疲れからくる右トモの腫れが引かず、かきこみが弱くなっていた」と復帰のめどが立つまでに時間がかかったことを明かしていた。今回はそのことも影響しているのか。“不安のある状態”の詳細は不明だが、深刻な状態ではないとの話も伝わっている。次走など今後は未定。 (サンケイスポーツ)

posted by たかくん at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンパニーお疲れ様

2009年11月25日


2009年天皇賞(秋)(GI)、マイルチャンピオンシップ(GI)などに優勝したカンパニー号(牡8歳 栗東・音無 秀孝厩舎)は、11月25日(水)付で競走馬登録を抹消いたしますのでお知らせいたします。
 なお、同馬は今後、北海道勇払郡安平町早来の社台スタリオンステーションにて種牡馬となる予定です。 (JRAニュース)

8歳にてG12勝したカンパニー
今はただ素直に、お疲れ様の言葉を贈りたい。
いい産駒を輩出してくれることを期待します。

posted by たかくん at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JRAスーパードリーム馬券!

2009年11月19日

いずれは、こういう投票式の馬券が始まるであろうと思っていましたが、ついにきましたね。

(以下記事引用)

100円がイッキ2億円!JRAスーパードリーム馬券!

 夢の2億馬券が飛び出すか!?日本中央競馬会(JRA)は18日、東京・港区の六本木事務所で経営委員会を開き、11年度から新たな投票方式として「5重勝単勝式」を導入すると発表した。指定した5レースの1着をすべて的中させるという、現在主流の3連単に比べても難解な馬券。だが、その分、超高額配当が飛び出すことは確実で払戻金の上限は2億円。破壊力抜群のドリーム馬券が誕生する。

 世界的不況の影響とレジャーの多様化で、売り上げ減少に歯止めが利かない中央競馬が、新たな夢馬券の導入に踏み切る。18日のJRA経営委員会で承認された新馬券は「5重勝単勝式」。指定された5レースの1着を、すべて的中させる投票法だ。具体的な導入時期、指定レース等の詳細は未定のままだが、JRAは再来年の11年度からの導入を目指し、馬券発売のシステム構築に入るとしている。まずはパソコン、携帯電話等を利用したインターネット投票に限定して発売する予定。発売単位は現行の馬券と同じ100円で、払戻金の上限は100円につき2億円。1日1回の発売で、的中者不在の場合、売上金は次回の発売へ繰り越し(キャリーオーバー)が発生する。

 同様の重勝式馬券は米国のピック6(指定6レースの単勝)、英国のジャックポットなど、海外ではすでに導入されている競馬場も多い。国内の公営競技では競輪が08年4月から「チャリロト」を導入。同年6月の平塚競輪場で、後半7レースの1着をコンピューターが自動的に選ぶクイックピック方式で、公営競技史上最高となる7969万8600円の高額配当が飛び出している。競輪よりも発売規模の大きい中央競馬では、これを上回る億単位の払い戻しが確実視される。

 JRAでは過去に、国営競馬時代の1951年(昭26)から重勝式馬券を発売。土曜午前中の1〜3Rの1着を的中させる3重勝式だったが、射幸心を嫌う当時の世相と、売り上げが全馬券の1%にも満たなかったことから61年2月に発売を中止している。

 現在は宝くじのロト6やサッカーくじのtotoBIGなど、億を超える高額払い戻しが当たり前。JRAでも昨夏から本格導入した3連単(1〜3着を着順通りに的中)が、馬券売り上げの約4割を占めており、より高額配当を生み出す重勝式の導入で、他の高額配当商品との競争力を高め、馬券売り上げの減少を食い止める狙いがある。

 JRAの小畠薫理事(広報担当)は「海外の競馬主要国では一般的に発売されている方式。こうした投票法を導入することで競馬の話題性の喚起と、新規ファンの参加意欲向上を図りたい」と導入決定の経緯を説明。100円が最大2億円に化ける夢馬券が、ファン離れの進む中央競馬の救世主となれるか注目だ。 (スポーツニッポン)

posted by たかくん at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。